「石の上にも3年」は昔の話!『絶好の転職時代』がついに来た

石の上にも3年

「石の上にも3年」

この言葉は、皆さんご存知かと思います。

特に30代~50代の方は、良く耳にしていた言葉ではないでしょうか。

「終身雇用」「安定が一番」「大手だからこの会社は大丈夫」など、

以前は当たり前だった事も、今では非常識になりつつあります。

想像を超えるスピードでビジネスシーンは変わり続けているこのご時世、

転職文化も同じスピードで変わってきています。

以前は、会社に長く続けることが良しとされていましたが、今は全く違います。

最近は、転職を機に「スキルアップ」「給料アップ」したい、と考える方が増えてきました。

また、企業側も転職に対しての考え方が変わってきています。

転職に対しての価値観が大きく変わってきている事が一番の理由でしょう。

今は本当に「絶好の転職時代」です!

転職を機に幸せになる為にも、あなたもこの流れやタイミングを見逃さないでくださいね♪

転職への意識が激変した30代~50代

ミドル世代

これまで日本は、終身雇用制度や今まで給与から積み立ててきたもの、

また退職金制度によって「一つの会社で長く務めることが良い事だ」

という価値観が普及していました。

ですが、前述にもありました様に日々急激にビジネスシーンが変わってきている今、

以前の様に「石の上にも3年」という価値観は通用しなくなってきました。

今では20代だけではなく、会社で中堅層となった30代から、

早期リタイアも視野に入れている50代の方も転職への意識が急激に変化しています。

しかし以前の価値観を持った方が、未だに大勢いることも事実です。

なぜ30代~50代の転職が増えているのか

答えは一つです。

それは、時代と共に転職文化が激変し価値観も大きく変わったからです。

ではどのように変わったのか?

あなたもご存知かと思いますが、いま日本は超少子高齢化社会です。

この超少子高齢化社会がどのように影響しているかと言うと、まず一番は人手不足です。

企業側としては深刻な問題ですが、転職を考える方にとっては、

人手を求める企業が増えた事により選択肢が広がりました。

中堅層の30代の方を求める企業が激増し売り手市場となった為、

転職される30代の方が増えたと思われます。

また、早期リタイア後の働き方を考えている50代の方に関しては、

スキルを活かして他の職場への転職を考える方が増えています。

この要因は、高齢化社会による年金受給年齢延長の可能性があるという事が、

背景にあるからではないでしょうか。

ミドル世代(30代~50代)の転職に対する心境は…

10年前のミドル世代は、転職に対してネガティブな意見が本当に多かったです。

特に多かった意見は「転職は20代まで」「転職は周りから良い顔をされない」

「この年で転職できる会社がない」「家族を不安にさせてしまう」などなど。

ミドル世代の方は、この様な心境になった事もあるかと思います。

確かに「家族を不安にさせてしまう」という声は今でも聞く事もあります。

ですが前述にもあるように、近年日本の転職文化や仕事の価値観が激変しています。

この激変により、ミドル世代の心境も大きく変わってきているのだと思います。

今のミドル世代は、転職に対して前向きな意見が本当に目立ちます。

「転職を機にスキルアップしたい」「違う環境で自分の力を試したい」「給与アップしたい」

「もっと良い条件の会社で働きたい」「やりたい事にチャレンジしたい」などなど。

ここ5年ぐらいで一気に前向きな意見が増えたと思います。

転職を成功させる3つの考え方

考え方

転職文化や仕事の価値観が激変したことにより、絶好の転職時代が来ました!

ですが、誰もが転職して成功するという訳ではありません。

超少子高齢化が進む一方で、テクノロジーの進化によりAIが普及してきました。

また近年、従業員確保の為に外国人労働者を採用する企業が急増しています。

今後も猛スピードで環境は変わり続け、日本人労働者の業務範囲も狭くなってくるでしょう。

なので、むやみに転職する事は推奨しません。

本当に転職を成功させたいのであれば、

転職する前に今から紹介する3つの事を意識して行ってください。

1:「転職先で何を身に付ける事が出来るか」

2:「今後のキャリアプランやビジョンを持っているか」

3:「しっかり自分と向き合う」

この3つの項目は本当に重要です。

1:「転職先で何を身に付ける事が出来るか」

転職先で「あんな事やこんな事がしたい」と考えている方は大勢いるかと思います。

もちろんこの様に考える事は良いことです。ですが、これだけでは具体性がありません。

そこで考えて頂きたい事が「転職先で何を身に付ける事が出来るか」という事です。

ココを真剣に考える事で、しっかりと目的を持って転職先の会社で働く事が出来ます。

2:「今後のキャリアプランやビジョンを持っているか」

キャリアプランやビジョンは、働く上で最も必要な要素ではないでしょうか。

あなたが目指す目標にもなりますので、しっかり考えてから転職は行ってください。

また、キャリアプランやビジョンに近づく為に、今何をすべきか掘下げる事もできます。

目先の行動も考えやすくなりますので、是非行ってください。

3:「しっかり自分と向き合う」

転職を機に「給与アップしたい」「休みが欲しい」「残業が無い会社が良い」など、

あなたも思った事はあるかと思います。

ですが、この様な理由だけで転職する事は非常に難しい時代とも言えます。

なぜなら、前述にも説明致しましたがテクノロジーの発展により、

今後簡単な仕事はAI化が確実とされています。また外国人労働者も年々増加していますので、

売り手市場ではありますが、その分ライバルも多いのです。

なので「転職先で何を学びどうしたいか」「今後どうなりたいか」など、

しっかり考える時間を作ってください。

まとめ

まとめ

近年、転職文化が激変した事により「絶好の転職時代」となりました。

20代の転職者が一番多いのはもちろんですが、

30代~50代のミドル世代の転職者が急増しています。

ミドル世代の転職に対する価値観が、大きく変わった事が一番の理由です。

売り手市場となり、企業側も積極的にミドル世代を採用する様になったと見受けられます。

しかし、むやみに転職する事は推奨しません。

なぜなら、テクノロジーの発展、外国人労働者の採用によりライバルも大勢いるからです。

なので転職を成功させる為に、自分と向き合う時間を作り、

転職先で何を身に付ける事が出来るかを考え、

今後のキャリアプランやビジョンをしっかり考える必要があります。

今までは「石の上にも3年」とよく言われてきました。

同じ会社に長く務める事が良しとされていましたが、遂にその時代に終わりが来たのです。

社会の変化、転職への価値観の変化により転職文化が激変しました。

本当にいま絶好の転職時代です。

自分としっかり向き合いながら、是非あなたも転職を機に幸せになってください♪

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。